FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

看護師の女性が同僚の男性と半ば強制的にエッチした職場でのアダルト体験談

看護師やってた頃。
友人A♂と同じ夜勤で、休憩時間が重なったので
普段なら仮眠するのだけれど、別れた彼氏についての相談で
こっそり同じ仮眠室へ。


気が付くと、スカートの裾からAの大きな手が忍び込んできて
「元カレにもこういうことされた?」
と、耳元で囁きながら、パンツの上から割れ目をスーっ・・・・・
「やばいよー仕事中だしー、ほんとやばいよー」
と抵抗しても、Aは目がすわってて
「声出すなよ。見つかってもいいの?」
と、半分、脅し文句・・・
「だってもう濡れてるじゃん(ニヤリ」
の言葉に、なんだか頭がぼーっとなって、
(こんなことで濡れちゃう私って・・・)と意識が遠のいてしまいました。

「おれ、一度、おまえとやりたかったんだあ」
と言いながらAに後ろ向きにされ、後ろから口を塞がれ
ナース姿のまま、ストッキングをずりおろされ
Aのごつい指が、私のあそこをまさぐります。
パンツの中がとろとろになってるのが自分でも分かりました・・・・
ぴちゃぴちゃと、いやらしい音が仮眠室に響きます。
Aは嬉しそうに
「うわっ!!大洪水だ~~」と言いました。
「恥ずかしい・・・恥ずかしいからもうやめて・・・」
「だめだめ~、今しかできないもーん」
Aは子供のように、楽しそうに、私のパンツをずらしてあそこを
念入りにいじります。
「はああん!あっ・・あっ・・・」
我慢しても、声が洩れてしまって、どうしようもない。
仕事中に男女が同じ部屋にいるだけでも、怒られるだろうに
こんなことしてたら・・・しかもAは妻子持ちでした。
「すっげー。そんなに気持ちいいの?びしょびしょで
お口パクパクしているよ~」
Aの指が私のあそこを広げて中をかきまぜました。
「ここはどお?」とクリトリスを触られた瞬間
体が跳ね上がり、
「んーーーーーーーー!!!!!」
と叫んで、あっけなくいってしまったのです・・・
Aは最後までしたがったけど、私は見つかるのが
怖くて、急いで服を整え、仮眠室を後にしました。
もちろんAとはそれきりだったけど
後にも先にもあんなスリリングで感じまくったことはないです。
今でも、思い出してしまいます。

スレ的には物足りない話かもしれないけど
自分にとっては、本当に刺激的で、今書いてても変な気分になってしまう・・・
なんで、あんなに濡れまくったんだろう・・・
最後までしてたらどうなったんだろう・・とか色々考えてしまいますね。
その後、Aと顔あわせるのが、たまらなく恥ずかしかったです

▽その他
妻の姉との高速ピストンSEXで中出しした体験談のお話
夫の出張中、若い男の子にナンパされ朝までエッチ三昧だった不倫体験談エピソード
朝の通勤ラッシュ時に痴漢されたアダルト体験エピソード
酔った同僚女とラブホでSEXしたエッチ体験談を読む
満員電車内で痴漢男性の指マンに感じてしまった女性の変態体験を見る
短大を卒業したばかりの彼氏持ちOLが友人の父親と禁断の関係になったエロ官能小説を見る
検診バス内の診察台で彼女とセックスした体験談のお話
夫としか経験のない一途な熟女人妻とSEXした体験官能小説
夫としか経験のない一途な熟女人妻とSEXした体験官能小説を読む
会社の得意先の上司にレイプされたアダルト体験を読む

▽ランキング
官能小説ランキング

▽掲示板
携帯官能小説掲示板

▽検索
エッチ体験談リンク トリプルエックスサーチ

▽リンク
アダルト相互リンク アダルトらんらん
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

朝の通勤ラッシュ時に痴漢されたアダルト体験

先日、朝の通勤の時に痴漢をされてしまいました。

今までもおしりを触られたり、胸を少しもまれたりなんて事は時々あったのでその時も「また痴漢か~」程度に思って余り抵抗はしていなかったんです。


でもその日の痴漢はどんどんエスカレートしてきました。

おしりを撫でているだけだった手がスカートの中に入って来て、

指をぐいぐいと割れ目に押しつけてきます。そしてもう片方の手が服の裾から入り込みブラを押し上げ胸を直接もみ始めました。

私は少しパニくってしまいどうすることも出来ません。

そうしている内に痴漢の手はストッキングをやぶりパンティの隙間から指を入れてきました。

自分でも驚いたことに濡れているみたいでした。

急に恥ずかしくなってうつむいていると、痴漢はクリを見つけ集中して攻めて来て・・。

グチュグチュになったおまんこに指を入れられたときには立っているものやっとな感じでした。

「痴漢されてこんなに感じるなんて・・」

と思いながら私のおまんこからはどんどんいやらしい汁が溢れてきちゃって周りの人に、

グチュグチュ、ピチャピチャ聞こえちゃってるんじゃって恥ずかしかった。

指をグチュグチュ出し入れされ掻き回され、乳首をコリコリされ、少し声が漏れてしまって。

「イッちゃう」

って小さな声が出てしまいました。

痴漢はイッてしまった私のおまんこを更に掻き回しながら「次で降りよう」と言いました。

訳も分からないまま次の駅で手を引かれ電車を降ろされ、

なおも手を引いたままズンズン歩いていきます。改札を出て小さな公園につきました。

(振り払おうと思えば出来たかもしれません。でも、どうしてか逃げられませんでした。)

公園の茂みの中で木につかまれされ後ろから一気に痴漢のモノを入れられました。

痴漢のモノはとても大きくピストンされるたびにビリビリし、でもおかしくなるくらい感じちゃって。

「アンッ・・ぁっああ」

って声を出していました。

最後は目立たないベンチに座った痴漢に私が上になって激しくしちゃいました。

おっぱいももろ出しでペロペロ舐められながら思い切り大きな声で

「もっと~、もっとぉ」といいながらイッちゃいました。

すぐあとに痴漢も私の中でイッてしまい、私のおまんこは痴漢のザーメンでドロドロでした。

そのあと、その人は私に服を着せいってしまいました。

その日以来、電車の時間を少しずらして乗るようにしていました。

しかし、あの痴漢に遭ってしまいました。

そして今はその痴漢とセフレとしていろいろなエッチを楽しんでいます。

▽その他
満員電車内で痴漢男性の指マンに感じてしまった女性の変態体験エピソード
出会った頃の妻を友達と3Pして中出しまでしたエロ体験小説を閲覧する
男友達とセックスした素人女性のエッチ体験談のお話
高校時代、仲良しの女子生徒の前でオナニーした変態エロ体験を閲覧する
仕事先の男とSEXした気持ちよくて喘いでしまった彼氏持ち女性のエッチ体験小説のお話
家庭教師として来たバイト学生とSEXした人妻の不倫体験談を読む
サイトで知り合った年上の人妻との不倫SEXエロ官能小説を見る
大学時代、王様ゲームと称し、乱交チックになったアダルトな体験
美人嫁のハメ撮りDVDを発見した夫のエロ体験官能小説を見る
22歳のギャルママとの中出しセックス体験談を閲覧する

▽ランキング
スマートフォン官能小説ランキング

▽掲示板
携帯官能小説掲示板

▽検索
エッチ体験談リンク トリプルエックスサーチ

▽リンク
アダルト相互リンク アダルトらんらん

既婚男性とバツイチの従姉妹とのエッチな体験小説

去年の事です。

因みに、俺32歳。親父の後継ぎで、小さな会社の専務(名ばかり)をしてます。

勿論、結婚して子供もいます。小学生と幼稚園。

そんな家族で、夏休みに温泉旅行に行きました。


2泊して、周りの観光もすませ、俺の責任は終わったとばかりに帰途につきました。

カミさんも子供達も満足した事と、自己満足しながら運転していました。

その時何となく叔父の家が近くに在るを思い出しました。

もう何年も会っていない叔父。母の兄です。うろ覚えの道を走り

探し回ってやっとたどり着きました。俺の結婚式以来、8年振りかな?と考えながら・・・

叔父と叔母はビックリしながらも、暖かく迎えてくれました。

叔父の家にも温泉があります。温泉にはもう入りすぎてたんですが、どうしても入っていけ

と言う叔父の言葉に逆らえず、家族皆で入りました。そして、泊まる羽目に。

夕食をとりながら叔父と酒を酌み交わしていると、従姉妹が帰って来ました。

「あらぁ 久し振り。奥さん?」とカミさんに笑顔で挨拶しています。

「あぁ 初めてやったね。女房の智恵、こっちが由紀と早紀」と家族紹介をすませ、

従姉妹の恵美もその席に加わり、賑やかになりました。恵美は俺より3つ下で、バツイチです。

叔父の仕事を手伝いしてるとか。叔父も小さな会社を営んでいますので、事務員かなんかでしょう。

段々酔うにつれ、恵美はカミさんに「この人、昔はカッコよかったよ。

私、従兄弟じゃなかったら惚れてたかも・・・ハハハ」など喋り始めました。

子供が眠そうになってきたので、カミさんと子供は寝る為、部屋に下がりました。

叔父も「いやぁ 人間が多いと酒も美味い。

少し飲み過ぎたかもしれん。俺も寝るぞ。メグ、相手頼むぞ。」

と勝手な事を言い寝室へ消えました。

叔母も「後は若い人でゆっくり飲みなさい。」と叔父の後に続きました。

久し振りと言うか、恵美とこうして飲むのは初めてでした。

「相変らず、カッコいいじゃん。良い奥さんみたいだし、羨ましいな。」とちょっと俺を睨みました。

「メグも変わってないよ。ま、飲もうよ。」とりとめの無い話が続き、酒もかなり入りました。

恵美は思ったより酒豪で、全然顔に出ません。俺の方が顔が赤くなってる気がしました。

「さっきの話、本当だよ。私が兄ちゃん(俺の事)の事好きだったっていうの。」

「へぇ 初めて聞いたな。もっと早く言ってくれれば良かったのに。損したな。」とチャラけると

「信じてない?で、もっと早く言ってたらどうなった?付き合ってくれた?」

「マジにとるなよ。だって従姉妹じゃん。付き合うなんて考えた事も無いよ。」

「だよね。えへっ、さっきの嘘。さ、兄ちゃん、飲もっ」みるみる減っていく一升瓶。

俺、日本酒あんまり飲めないんだけど・・・と心の中で呟きながら、恵美の酌を断れない俺。

少し気分が悪くなって来たので、「ちょっと酔い冷まして来る。」と俺は家を出ました。

家の裏は川です。傍らの石の上に座って煙草に火を点けました。

「兄ちゃん、マジで酔った?運転で疲れた?私にも煙草頂戴。」恵美が煙草吸うのにも驚きましたが、

タンクトップの胸が大きいのに、もっと驚きました。

さっきまで あんまり感じなかったのに、横に座ると おっきぃ~。

煙草を川に投げ捨てると、腕を取ってきました。胸が俺の肘あたりに触ります。

柔らかい胸。「ねぇ、お兄ちゃん。私が離婚したの知ってるやろ?」「あぁ、お袋に聞いた。」

「離婚原因聞いた?」「まさか。そこまでは、お袋も知らんと思う。」

「あのね、私、子供が出来ないって。

それが分かったら、あの人急に冷たくなって・・・。それで上手くいかなくてね。」

俺も言葉に詰まって、

「そうかぁ。子供ねぇ・・・。毎日安全日やん。アハハ・・・」 マズイ。

何て事を言ってしまったんだ。

「だよねぇ。いつでも生で出来るのに。馬鹿じゃん、あいつ。」こんな話をしてると、

酔いも幾分冷めてきたので、「帰ろうか、メグ。」と言うと「イヤ。もっと話したい。もうこんな夜無いと思うし・・」

俺は恵美に付き合うことにしました。恵美はさっきよりもっと俺の腕を抱きしめてきます。

いかん。理性が飛びそう。俺は空いてる方の手で、恵美の腕を離そうとしました。

その時、恵美はその腕を掴んで、自分の胸に持っていきました。

飛びました。理性が。俺は堪らずに恵美にキスしました。

俺の口の中に恵美の舌が入って来ました。「はぁ はぁ」言いながら俺の舌を吸っています。

俺の手は自然と胸を揉みました。今度は恵美が俺の手をタンクトップに下に入れました。

ブラを押し上げて、もう固くなった乳首を舌で転がしました。

「あ~ お兄ちゃん、こうなりたかった。前から。」俺は無言で恵美の乳首を舐め回しました。

「もう駄目。我慢できなくなっちゃった。お兄ちゃん、しよ。お兄ちゃんもしたいでしょ?」

「うん、したい。何処でする?」「家の裏にガレージがある。あそこは2階に部屋があるよ。」

俺と恵美はそこへ向かいました。音をさせない様に部屋に上がると、さっきより強烈なキスの嵐。

俺のティーシャツを捲り上げると俺の乳首を舐め回し、

ジーパンの上から固くなったチンチンを触って来ました。

自分でジーパンを脱ぐと、恵美のタンクトップを脱がせ、ジーパンを脱がせました。

俺のチンチンにメグがしゃぶりついてきました。

「あ~ この臭い。久し振りぃ~。お兄ちゃん感じてね。」

もう既に感じまくって、カチンカチンになってま~す。メグはパンツを脱ぐと俺の上に跨ってきました。

チンチンを自分でマンコにあてがうと、腰を下ろしてきました。

「はぁ~~ いい~・・」腰が激しく前後に動き出しました。

俺は恵美の両方のオッパイを揉み、腰を下から突き上げます。

「ねぇ お兄ちゃん、気持ちいい?メグは最高に気持ちいいよ~。」

最近カミさんとも御無沙汰だったので、

俺も最高に気持ち良いんです。それに恵美のマンコの気持ち良さ。

今まで経験した何十人の中でも一番でした。

激しい腰使いと共に、恵美の声も激しくなってきます。

「ねぇ イッテいい?もうイキそう。お兄ちゃんイッテいい?」

「いいよ、メグいいよ。イッテいいよ。」そう言うのと恵美が

「あぁ・・イク イクよお兄ちゃん」

と言うのと同じでした。

俺も限界でした。「メグ、俺もイキそう。出していい?」「いいよ、お兄ちゃん出して・・」

俺は恵美の中で果てました。恵美はいつでも安全日だから・・・

幸い誰にも気付かれず、それぞれの部屋に帰って寝ました。

翌日、俺達家族は朝飯を食って帰路に着く事にしました。

「又。いつでも寄ってね。」叔父夫婦の優しい言葉。

恵美は昨夜の事なんか忘れたかの様に振舞っています。いよいよ車に乗り込みました。

その時、家の中から「お兄ちゃん、忘れ物。わ・す・れ・も・の。」と恵美の声。

俺は急いで車を降り、家に駆け込みました。

「なに?忘れ物って。」「これだよ。」  恵美は俺の首に手を廻し顔を引き寄せました。

唇を合わせて、舌を差し入れてきます。そして俺の唇を指で拭きました。

口紅が付いたんでしょう。「またね、忘れないでね。お兄ちゃん。」

▽その他
高校の卒業パーティー後、副担任の美人先生とラブホでHしたアダルト体験談小説を読む
口臭も体臭も凄い30代デブ女とのSEX体験談を見る
夫としか経験のない一途な熟女人妻とSEXした体験官能小説を見る
男友達とセックスした素人女性のエッチ体験談のお話
高校時代の先輩女性に何回もチ○ポをしごかれたエッチ体験を見る
男友達とセックスした素人女性のエッチ体験談のお話
夫の目の前で着物(和服)の人妻が電車で痴漢された体験談のお話
妻が夫に内緒でAV出演した秘密のエロ体験
サイトで出会った30代の巨乳人妻とのセックス体験談を閲覧する
フェラが最高に気持ち良かった彼女とのエッチな体験小説を閲覧する

▽ランキング
官能小説ランキング

▽掲示板
スマートフォン官能小説掲示板

▽検索
官能小説検索/リンク 官能小説のらんらん

▽リンク
アダルト相互リンク アダルトらんらん

小6のいとこの女の子にフェラしてもらったエロ体験談

俺が高1、従妹小6の時の夏休み、彼女一人で遊び泊まりに来た。

彼女は今まで通り俺の部屋で遊んで、人生相談(恋愛話とか)したいから一緒に寝たいとなり、深夜遅くまでゲームしたりテレビを見たりしてた。

その日の深夜にHな番組があって黙ってHな番組を見続けてたら彼女がシャツを脱いだ。
俺一瞬「!?」てなったが、財布からコンドームを出して装着して彼女の前に立って見せた。
彼女、俺のチンポ握って「これコンドーム?」って聞いてきた。

後は暗黙の了解でキスし、パンツ脱がし、揉めるぐらいに大きくなっていた胸のブラジャーを外して少し逢わないうちに大人びていた彼女を愛撫。
アソコに手をやって、中に人差し指を入れたらぐちゅぐちゅと濡れていた。
今までとは何か違う。本当に気持ち良さそうに感じていた。
コンドーム外しフェラを頼んだら布団の中ならって事で彼女は潜り込んでやってくれた。
恥ずかしかったみたいやね。
今まででは無我夢中なSEXで気付かなかったがこの日は彼女の膣の温もり、感覚がはっきりわかったよ

ゆっくりお互いを感じながらの正常位。
従妹がいきそうなかんじになってアソコを締める感覚、女がイク瞬間を知った。
普通に騎乗位出来るようになって、子宮口にゴリッと当たる感触を感じたら、従妹が声を出して感じだしたから思わず焦ってパンツを口にくわえさせた。
そのまま騎乗位続けてたら俺も、物凄く気持ち良くなり腰を浮かせたり、振ったりして、いった。
イク感じ、射精感が今までに無いぐらいに気持ち良かった。
彼女もぐったり横になった。

▽その他
小6のいとこの女の子にフェラしてもらったエロ体験談エピソード
泥酔すると淫乱になる嫁が夫の友人たちにセクハラされていたエロ体験官能小説を見る
初体験の相手が双子の妹だった兄の近親相姦アダルト小説を読む
巨乳の美人人妻との朝までSEX三昧のアダルト体験小説のお話
美人嫁のハメ撮りDVDを発見した夫のエロ体験官能小説を見る
忘れられない高校時代の元彼との初々しいエロ体験談を見る
男子高校生に痴漢された女性が逆に痴女プレイしてしまったエッチ体験談
22歳のギャルママとの中出しセックス体験談を見る
飲み会で知り合った色気たっぷりの巨乳のねえちゃんと酔った勢いでの乱交アダルト体験を見る
ぽっちゃり型の年上彼女とのカーSEXした童貞男のアダルト官能小説のお話

▽ランキング
携帯官能小説ランキング

▽掲示板
スマートフォン官能小説掲示板

▽検索
官能小説検索/リンク 官能小説のらんらん

▽リンク
無料アダルト検索 トリプルエックスサーチ
リンク
無料アダルト検索 | トリプルエックスサーチ
アダルト相互リンク | アダルトらんらん
リンク
最新記事
タグクラウド

体験 エロ エッチ 痴漢 小説 変態   体験談 アダルト フェラ 小学生 看護師  通勤 男性 JS 小6 いとこ 既婚 バツイチ 看護婦 従姉妹 同僚 友達 友人 夫婦 お姉ちゃん 産婦人科 マッサージ 猥褻 卑猥 美人 ドッキリ 職場 強制的 セクハラ  17歳 JK 女子校生 女子高生 ナース 

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。